キャットフード 評判 悪い

キャットフードで評判の悪いものって?

キャットフードで評判の悪いものって?

良いキャットフードを判断するというのは少々難しい面があります。なぜなら、国内にはキャットフードに含まれている成分表示に対しての規制がなく、正直なところ、どこまで信用していいか分からない面もあるからです。

 

逆の発想として、避けるべき事項を知ることは、より良い品質のキャットフードを購入できることに繋がります。そこで、評判の悪いキャットフードにはどんなものがあるかをご紹介したいと思います。

 

合成添加物が使用されているもの

 

合成添加物とは、合成着色料や人工香料、そして合成保存料などの有害な成分のことです。BHT、BHA、エトキシキンなどは発がん性の疑いがあり、キャットフードの酸化防止剤として配合されることが多くなっています。
メーカー側は健康上害のない量であると主張しているようですが、猫は小さな生き物ですからごく少量でも悪影響がありますし、量が少ないからといって安心できるものではありません。

 

原材料の品質が良くないもの

 

「ヒューマングレード」という言葉はご存知でしょうか?
これは、ペットフードと人間が口にする食品を区別せず、キャットフードに人間でも食べられる品質の原料を使用するという考えのことです。
当たり前のことのようで、コスト削減が最優先されている今、よく行われている生産方法でもあります。
メーカーのホームページからでも、メーカー側の原材料に関する考え方は知ることができます。

 

賞味期限の記載がない、賞味期限が異様に長い

 

人間の食べる加工肉は数日で賞味期限をむかえます。
キャットフードと加工過程は違うとはいえ、1年も2年も賞味期限が設けられているものは、本当に健康に悪影響がないと考えられるでしょうか。

 

こういった点を意識してキャットフードを選ぶだけでも、かなり違うはずです。
お店で見比べてみてくださいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ